ページ本文へ
株式会社EPコンサルティングサービス
ここからページ本文
ホーム > 会社情報 > EPCSの社会貢献 > グリーンIT

グリーンIT

電気代と二酸化炭素排出量を減らす10の方法

  1. PCを休止状態に設定すると電力消費量と二酸化炭素排出量を約50%減らせます。 http://support.microsoft.com/kb/881896/ja
  2. ノートPCの使用を検討してください。一般的なノートPCの消費電力は40 Wです。デスクトップPCとモニターを合わせた消費電力100 Wの2分の1です。
  3. ビデオ会議システムを導入することで、会議のための移動に必要となる旅費や飛行機から発生する二酸化炭素排出量を削減できます。
  4. ハードディスクを持たないシンクライアントPCを導入することで、一般的なPCと比べて冷却ファンの電源消費量を80%削減できます。
  5. PC、プリンター、電話機などの寄贈を受け付ける団体がたくさんあります。寄贈された機器は経済的に購入が難しい発展途上国の人々が再利用します。
  6. デスクトップ、サーバーなどのコンピューターを購入する際、二酸化炭素排出量で選んでみませんか。電力消費量、リサイクルの可否や範囲、環境管理システムがコンピューターメーカーにより実装されているかどうかといった条件も付け加えられます。
  7. スクリーンセーバーは電力セーバーではありません。スクリーンセーバーを使っても、モニターの電源消費量は変わりません。[電源オプション]や[パワーマネジメント]などを設定して電力消費量を削減できます。
  8. 液晶モニターは設置スペースと電力消費量を削減します。従来型のモニターと比べて、1/3の電力消費量です。大画面モニターではより多くの電力を消費します。
  9. 待機モードを搭載したファックスやコピー機を使用しましょう。従来型の機器と比べて、50%の電力消費量を削減します。
  10. サーバーの仮想化を検討しませんか。仮想化技術により10~20台のサーバーを1台に集約することも可能です。これにより、電力消費量や二酸化炭素排出量を最大80%削減できます。

EPCSでは、仮想化技術トップメーカーとのパートナーシップ体制を活用したソリューションをご提案させていただきます。

他にもたくさんのグリーンITのヒントがあります。ぜひEPCSにお問い合わせください。
テクノロジーサービス 03-4577-1770

  • EPCS ニュースレター
  • your-reservations.com
  • 経理・税務/給与計算・社会保険アウトソーシングサービス
プライバシーマークR制度
follow us
facebook
twitter
LinkedIn
© Copyright 2017 EP Consulting Services Corporation. All rights reserved.